仕事を本気で辞めたいと思うときってありますよね。私も以前働いていた会社では、何度も本気で辞めたいという思いがあったので、あなたの気持はよく分かります。

私は実際に会社を辞めましたが、いろいろな経験をしました。そこで私の経験を踏まえて、仕事を本気で辞めたいと悩んでいるあなたがすべきことについて伝えたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事を辞めたい理由について考える

仕事を本気で辞めたいと悩んでいるあなたがすべきことは、まずは理由について考えてみましょう。

仕事では自分の思い通りにならないこともたくさんあるので、仕事が嫌になることはよくあります。仕事が嫌になったとしても結局はやらなければいけないという思いが強いので、ストレスを溜めながらでも働き続けようとしますよね。

あなたが本気で仕事を辞めたいと悩んでいるなら、相当なストレスを受けるような出来事があったはずです。仕事では大なり小なり嫌なことはたくさんあるので、ストレスは溜まっていく一方です。

それでも何とか毎日ストレスをうまく解消して仕事をしています。本気で辞めたいと悩むくらいのストレスになると、毎日のストレス発散ではどうすることもできないということですよね。

人によってストレスの感じ方は違いますが、あなたが仕事に対してそれほどの拒絶反応を示すには、相当な理由があります。本気で辞めたいと悩んている理由について、自分の中でしっかりと整理してみましょう。

仕事で嫌なことがあるとすれば、仕事の業務についてか人間関係のどちらかの理由が多いでしょう。

仕事のことに関するストレスならば、あなた一人が何か変えようとしても、職場環境や仕事のことに関してはなかなか改善することが難しいでしょう。だからこそ仕事を辞めたいと悩んでいるのかもしれません。

人間関係ならば上司や同僚との関係が悪くなっているのでしょう。特に上司との関係が悪くなってしまうと、毎日仕事に行くのもつらいと感じるでしょう。人間関係もあなたが改善しようとしても、相手の気持ちや態度を変えるのは難しいものです。

会社組織の中では個人ができることは限りなく少ないので、協調性を持って指示に従うしかありません。ただ会社組織の中のことで我慢できないことがあっても、自分では改善できないので我慢するしかありません。

多くの人は我慢をしますし、我慢して働くことが仕事だとも言えます。しかしストレスの多い仕事を続けていても、いずれはあなたと同じように本気で辞めたいと考えるようになるでしょう。

まずはあなたが自身が本気で辞めたいと悩んでいることについて、真剣に向き合ってみることが大切です。そのためには理由についてしっかりと考えることから始めましょう。

仕事を辞める前に後悔しないか考える

あなたが本気で仕事を辞めたいという思いが強いならば、仕事を辞めるのもあなたの自由です。しかし仕事を辞める前にはいろいろと考えておくことも大切なことです。

仕事は嫌なことや大変なことがたくさんあるのが当たり前なので、あなたが今の仕事を辞めたとしても次に同じことを繰り返してしまうかもしれませんよね。

そうなればまた辞めればいいと思うかもしれませんが、転職はそんなに簡単ではありませんし、あなたの今後を考えてもなるべく1カ所で長く働くことは大切なことです。

もちろん今の会社で無理やり働くのではなく、転職してからでもかまいません。ただ転職後に長く働ける会社に入れる保証はありませんよね。

だからこそ今の会社で辞める前に、できることは全部やってから、辞めることを考えるようにするのです。

まずあなたが考えることは、仕事を辞めて後悔しないかということです。本気で辞めたいと悩んでいるので未練はないと思いますが、仕事を辞めたい理由はまったく別物です。

仕事は好きなのに嫌なことがあるから辞めたいのでは、後で仕事を続けたかったと後悔するかもしれませんよね。今は本気で辞めたいと感情的になっているので、冷静になって考えてみましょう。

今の仕事を続けたいのか、本当に辞めて後悔しないのかを考える時間は大切なことです。転職の難しさはやってみて初めて分かるものです。

あなたも今の会社に入社する前は、就活の大変さを味わったはずです。中途採用では転職するのがだんだんと難しくなるので、あなたの思い通りに転職できるとは限りません。

だからこそ今の会社にいられるなら、転職しないで問題を解決してみることをおすすめします。あなたが辞めたいと悩む問題を解決するための努力をしないで辞めてしまったら、後で後悔するかもしれません。

問題を解決する努力をしたことの結果として、どうすることもできなければその時は会社を辞めることを考えてもいいでしょう。やれることがあるのに早く辞めたいからといって逃げてしまえば、後で後悔してしまうかもしれません。

今の会社の待遇が他の会社よりもいい可能性もあるので、後から戻りたいと思っても無理なことです。

嫌なことは時間が経つとだんだんと忘れて記憶から薄れていくものなので、あなたが本気で辞めたいと思っている理由は、後から考えてみるとそれほど大したことではないかもしれません。

だからこそ今できることを精一杯やって努力し、それでもダメだった時には改めて転職することを考えましょう。

転職するための準備をする

あなたが本気で辞めたいと悩んでいることに対して、自分でできることを精一杯やった結果、改善できなければ転職することを考えてみましょう。

あなたが本気で辞めたいと思っている理由は、会社組織の中ではどうすることもできなこともあります。あなたがこれ以上この会社で働くことができないと思えば、すぐにでも転職するための行動に移しましょう。

まずは転職するための準備が必要です。転職するのはあなたが思っているよりも簡単ではないので、しっかりとした準備が必要です。

しかも、会社の状況によってはあなたが辞めたいと思っても、すぐに辞められないかもしれません。あなたの仕事によっては引継ぎ作業や交代要員の確保をしなければならないので、会社としても退職者に対する準備があります。

退職後のことはあなたは気にする必要もありませんが、一般的には愛職するなら1カ月から3カ月前に報告する必要があります。それから仕事の引継ぎ作業などいろいろあるので、できるだけ早いうちに報告することが大切です。

転職するための準備としては、自分のスキルをアップさせておくことが大切です。退職するまでの期間は仕事もしなければなりませんが、次の職場ですぐに仕事ができるようにスキルアップしておくことが大切です。

今まで働いてきた中で、自分に足りないと思っているスキルがあれば、転職する前に勉強しておきましょう。面接を受ける時には多くのライバルとの戦いに勝たなければなりませんよね。

あなたも就活で経験したはずですが、より厳しい状況になりつつあると思ってください。転職は一般的にスキルや能力が高いほど評価されますし、経験があるほど重宝されます。

しかし、年齢がある一定の基準に達すると、なかなか転職することが難しくなっていくのです。また未経験やスキルがない人でも、若ければ将来性を見込まれて転職することができるでしょう。

ですが、中途採用での未経験では年齢が高くなるほど、転職状況は厳しくなっていきます。あなたが以前に就活をした時よりも、良くなっているか悪くなっているかはあなたのスキルと経験次第です。

会社によって評価は違ってきますが、ポジティブに考えすぎない方がいいでしょう。

そのため、仕事を選ぶことから会社選びまで入念に行い、面接のときに良い印象を与えるためにスキルアップをしておくことも大切になってきます。転職すると決めたときから、次の転職するための準備が始まっているのです。

次にやりたいことを見つける

あなたが本気で仕事を辞めたいと悩んだ結果、転職することを決意したのならば、大切なことはあなたが次にやりたいことを見つけることが大切です。

転職するには仕事を見つけなければなりませんが、あなたがやりたいと思える仕事でなければ、何度も同じように転職を繰り返してしまうでしょう。やりたくもない仕事をすれば、嫌なことがあれば辞めたいと思うのは当然ですよね。

だからこそ一番大事なのは、あなたがやりたいことを見つけることなのです。やりたいことが見つけられれば、次にどんな仕事をしたいのか決めることができます。

転職する時にはやりたい仕事を明確に決めてから、自分がやりたいことができる会社を選ぶことが大切です。

どんな会社でも同じ訳ではありませんよね。仕事も会社もしっかりと選ばなければ、転職することを繰り返すことになります。またやりたいことが見つかれば、転職する前にスキルアップをすることができます。

面接においても必要な資格を持っていることは、転職にも大きなメリットとなりますよね。明確にやりたいことが決まることによって、目標に向かって突き進むことができます。

転職を成功させるためにもしっかりと準備することが大切です。あなたがやりたいことをみつけることが大切な理由として、仕事をするうえでは嫌なことや大変なことがたくさんあります。

これはあなたが自らやりたいと思っている仕事をしたとしても、必ず嫌なことは起きるものです。その時に自分がやりたい仕事ならば、どんなにつらい仕事でも耐えることができるはずです。

あなたが本気で辞めたいと思っている仕事は、あなたが本気でやりたいと思っている仕事ではないのかもしれません。だからこそ嫌なことがあった時に本気になって辞めたいと思ってしまうのでしょう。

もしも次にやる仕事が本気になって取り組める仕事だったら、どんなに大変な状況になっても乗り越えようと努力するはずです。

自分がやりたいことを見つけることは大変なことですが、やりたいことをすることは自分に大きな力を与えてくれます。転職するなら次にやりたいことを見つけて仕事を充実させましょう。

上司に報告して辞める準備をする

転職するための準備をしやりたい仕事もある程度メドがつけば、上司にしっかりと報告しましょう。退職する旨をはっきり伝えることによって、あなたも転職する意思が強く固まるはずです。

上司が引き留めてくれた時に悩んでしまうようなら、まだあなたがの意思が固まっていない証拠です。元々あなたが本気で辞めたいと悩んでいたことから始まっているので、本気になって辞める準備を進めましょう。

上司に報告するのは仕事によっては1カ月前でも十分です。本気で辞めたい職場に長い期間いたくはないですよね。できるだけ早く辞めたいと思うので、1カ月前でも十分です。

ただ気を付けることが2点あります。1つ目はしっかりと仕事の引継ぎができるかです。できるだけ早く辞めたいと思うのは分かりますが、辞める時に会社に迷惑をかけるのはいけません。

退職する時にトラブルになると後味が悪くなってしまいます。なので、あなたがしっかりと後任に引継ぎができる期間を見極めて、辞めるまでの期間を考えましょう。

2つ目は転職活動をどうするかです。あなたは退職日までは普通に仕事をしなければなりませんし、スキルアップのための勉強もすることもあるでしょう。

しかし、問題は在任中に次の仕事が見つけられるかどうかという問題です。理想を述べるならば退職日の次の日には休みをとって、すぐに次の職場で働くことができるのが一番の理想ですよね。

仕事をしない期間が長いほど自分の生活が苦しくなるので、失業期間は少なくしたいものです。ただあなたが早く辞めたいと思うあまり、短い期間しか次の仕事を決めるための猶予がなけえば、最悪な状況では転職先が見つからないまま退職することになるかもしれません。

ゆっくりと転職先を探すという考えもありますが、収入がないという状況を考えるとかなりリスクが高くなります。

できるだけ在職中に次の仕事を見つけることが重要なので、早く辞めたいという気持ちは分かりますが、早め上司に報告して余裕を持って準備することも考えましょう。

本気で辞めたいと悩んでいたとしても、辞めることが決まってしまえばそれほど大きなストレスにはならないはずです。

もうすぐここから離れられると思えば、f痛に仕事ができるかもしれないので、3カ月前に報告しても耐えるkとができるかもしれません。あなたの気持と転職状況を考えてから、あなた自身が決めましょう。

まとめ

社会人であれば誰しも仕事を辞めたいと1度は思いますが、本気で辞めたいというレベルまではなかなかいないです。

おそらく、あなたも本気で辞めたいと思うもののなかなか辞めるという行動に移せないのが正直なところでしょう。ここからは、リスクを許容できるかどうかです。

大抵は辞めずにとどまるより転職することの方がリスクは大きいです。

そのため、転職して万一失敗してもそれを受け入れられる覚悟ができたときが、今の仕事を辞めるタイミングなのかもしれませんね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)