仕事が辛い、起きるのも憂鬱、むしろ地獄のように感じてしまう。そんなことありますよね。地獄のように感じているのであれば、転職を考えてしまったり辞めることを考えてしまうのも仕方がないものです。

注意したいのは、どこに原因があるかを探っておくことです。地獄のように思うのは仕事がキツイからなのか、上司などの人間関係が原因なのか切り分けておく必要があるのです。

しっかりと切り分けを行っておかなければ、転職したりやめたりした後も同じ問題にぶつかる可能性があります。今回は仕事を地獄のように感じている人のための思考の整理方法や対処用をまとめてみました。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

34%の人が仕事が地獄で悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、34%の方が仕事が地獄で悩んだ経験があると回答しています。内容としては、「人間関係」や「労働環境」など様々でした。

男36歳 営業職

残業が200時間を超えて3か月目に入った時、睡眠不足も身体が感じれなくなった事が自分自身で分かったとき。

女25歳 宝飾店店員

具体的なノウハウは何一つ教えてもらえず、頑張っても結果が出ないと「やる気がない!」と罵倒してきたこと。

男29歳 製造業

工場内の機械が度々、不調になり上司を呼んで修理してもらっていたが、回数が重なるにつれてみるみる機嫌が悪くなり終いにはお前が来てから請われてばっかりだと罵倒されました。

女30歳 臨床工学技士

朝から夕方まで8時間勤務、その後深夜帯まで残業、帰宅後真夜中に呼び出され、結局そのまま病院に泊まり込み、朝からまた勤務する、という日々が何日か続きました。私はもしかしたら、重症患者さんよりも先に過労死するかもしれない、と思いながら働いていました。

43%の人が心が折れた後に実際に仕事を辞めている

仕事が地獄で悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に43%の人が辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

女26歳 コールセンター

毎日のクレームが辛くなり、精神的に弱ってしまいました。仕事に行けなくなり人と話す事が怖くなってしまい、仕事にならず辞めました。

男27歳 損保会社

辞めない限り、この事態は全く改善はしませんでした。思い出したくもないのですが、朝起きた時に、物凄い疲労感や倦怠感を感じるんです。それらは退職したらなくなり、改善しましたから。

女29歳 福祉施設

身体が思った以上に疲れていたみたいで、咳が止まらなくなり喘息になりました。また、一週間ほど声が全く出なくなり、流石に無理だと思い辞めました。

男33歳 製造業

上司が恩義せがましく、馬鹿なわりに昇進し年収が上がったのでこいつは辞めないな。と確信したため。これ以上付き合うのは無益だと感じたため。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)25歳 看護師

どこで働いても残業はあると思うので、その度に転職していては。と思い頑張りました。見返りの給料明細が励ましになりました。

男(ad)26歳 小売業

部署を変えてもらい昼間の普通の生活を送っています。普通の生活の部署に異動させてもらったのでそのままあります。

女36歳 商社事務

辞めたいと毎日思っているけど、生活があるし長いこと勤めているところなので将来を考えたら辞めれない。地獄です・・・

男(ad)34歳 営業事務

やはり、ガマンしてでも収入を守りたかった。会社を辞めても、今の会社ほどの待遇の会社はないと考えていた。

仕事が地獄で辞めたいときの対処法

女(ad)28歳 サービス業

現在、辞めようかと考え中です。まだ働き始めて間もないのであと1年くらい働いてみて、何も改善されないようなら辞めようと思っています。

自分の行動を見直してみる

仕事を地獄のように感じる原因の一つに、自分の価値観と職場の常識のズレがあげられます。

例えば、指示を待っているのに適切に指示を出してくれない上司とかみ合ってしまうと、トラブルの原因になることがあります。結果として叱責されてしまい、ストレスが溜まるということが増えるのです。

ここでポイントになるのが、ある程度職場にあわせる努力も必要だということです。うまく指示をしてくれる上司だけとは限らないため、自分から指示を聞きにいかなければならない場合もあります。ちょっとした行動を変えるだけで、ストレスが激減することも多いですよ。

注意したいのは、一度仕事を地獄のようだと思ってしまうと、行動を見直すことが難しくなることです。ネガティブなイメージが出来てしまい、何をしても怒られてしまうケースが出てきます。

また、上司や同僚が感情的な性格の場合は、何をしても疑われるという結果につながるケースもあります。この場合は転職してしまって職場をリセットするのも方法です。

新人の指導に積極的な職場を探すなど、働きやすい職場を探していく方法もあります。その上で、新しく自分が評価されるように行動を改めた方が良い結果につながる場合が多いのです。

また、自分がやりたいことをやらせてくれない職場にいる場合は、全く別の視点から物事を見る必要があります。まず、会社に勤めるということは会社に利益をあげてもらい、給料を貰うことが重要になります。自分の意志よりも企業の倫理や目的が優先されがちなのです。

営業職など、個人の力量が重視される職場でなければチームで結果を出さなければならないことになります。

自分がやりたいことを優先してしまうと、チームのバランスが崩れてしまう場合があります。あくまで自分が与えられた役割を全うすることが重要になるため、自分がやりたいことは後回しにする必要があるのです。

ここで突発的に辞めてしまうと、スキルが身につかない可能性もありますよね。自分のやりたいことに付随する事務や各種企画、運用などの知識が無ければ満足な結果が出せないケースもあるからです。

また、ある程度信用が無ければ任せられないこともあるため、下積みとして仕事を任せられているケースがあるのもポイントです。

企業側にも配置に意味がある場合もあるため、なぜ自分が今の仕事を任せられるのか考えてみると見方が変わる場合がありますよ。

上司に相談してみるのも方法

仕事が地獄のようだと感じるのであれば、上司に相談してみるのも方法です。上司と折り合いが悪い場合はさらに上に掛け合うなど、迂回策もあります。

辛い思いをしていると思考が鈍ってしまうだけでなく、企業の状況などを察する力も鈍ってしまいますしね。その場合は直接他の人の考えを聞いた方が悩む時間を節約できます。

上司に相談する場合や、その上の上司、あるいは人事などに相談する場合は考えを整理しておく必要があります。この場合は仕事が辛いのか、人間関係が辛いのかをわけて考えるのが基本です。

残業が多すぎるなどといった事情でも問題はありませんよ。

人間関係の辛さを口にしても問題は解決しないと考える人もいますが、実際には企業の上司には職場環境を良好に保つ義務があります。そのため、人間関係の相談をされた場合はある程度配慮せざるを得ないのです。

配慮が全く出来ない企業の場合はブラックな企業の可能性が高まるため、辞めるという選択肢が出てきます。

人間関係の改善でも、自分自身行動を改めるように指摘される場合もあります。この場合は感情的に反論するのではなく、指摘が正しいかどうか考えましょう。

不条理だと思っても一度持ち帰って考えた方が良い場合が多いのがポイントです。

思ったように仕事ができないと思っている場合は、配置転換を願い出る方法があります。残業や休日出勤が多すぎると感じている場合は、事情があって出れないなどと言う方法もあります。正社員であれば簡単にクビに出来ないため、いっそのこと開き直るのも方法です。

万一、配置転換ができないといわれた場合は、自分のスキルに問題があるのか、企業側に余裕がないのか聞いてみてください。

スキルや経験がなければ任せられないこともあるため、もし配置転換ができるのであればどの程度勤めてからになるか聞いてみると目安ができます。働く期間の目安ができることでモチベーションが保てる場合もありますからね。

回答が意に沿わないものであったり、とても耐え切れないと感じてしまった場合は別の選択肢を探っていくことになります。

話しをすることで企業の基準もわかるため、企業体質を知るために話しをしてみるのも方法ですよ。

スケジュール管理や効率化をすすめていく

上司と話をする気自体がおきなかった場合や、自力で対処をしたいと考える場合は、スケジュール管理や仕事の効率化をすすめることが大切です。

地獄のように感じることでも、作業をルーチンワークにしたり、手順を整理することで楽になる場合もあるのです。

まずはスケジュールの管理です。自分が一日でこなせる仕事の量には限りがあります。そのため、どの仕事をどの程度で終わらせることができるか時間を把握することが大切です。

作業にかかる時間がかかれば、一日の労働時間から逆算して仕事を詰められるようになります。

仕事が詰まっている場合は他の仕事を断ることや、他の人間と協力して時間を短縮することが求められます。断ることが苦手で仕事を溜め込み、仕事自体を嫌になってしまう人もいます。上司の命令であっても仕事の優先順は存在するため、無茶振りには反論しなければならないこともあります。

どうしても急ぎであるというのであれば、他の仕事が後れてもいいという了承を取るなど、上司の言質をとることも大切です。問題が発生した場合、責任をとるのが上司の仕事になりますからね。

自分が背負える責任や仕事量に限りがあるからこそ、しっかりと切り分ける必要があります。

スケジュールはタイトにつめるだけでなく、余裕をもって作るという方法もあります。余裕があればトラブルが起こった際に対処できるだけでなく、急ぎの仕事を引き受けてポイントを稼ぐこともできるようになります。

仕事が終わる適正な量を把握し、調整ができるだけでもかなり楽になりますよ。

また、作業の手順や方法を見直し、効率化していくことも大切です。マニュアルがある場合でも改善の提案をすることでムダが省け、仕事が楽になるケースもあります。

普段癖のようにやっていることが時間のムダになっていることもあるため、自分がどんな時間の使い方をしているのか見直してください。

それと、仕事だけでなく、生活環境自体を見直すのも一つです。通勤時間が片道1時間を越えるようであれば、引越しを視野に入れるべきです。通勤時間で体力を消耗してしまえば、当然、仕事に集中する力自体が落ちていきます。

短期のアルバイトの場合は持続可能でも、正社員の仕事になると無理が生じます。睡眠時間が足りないことや、プライベートな時間が少ないことが引越しで改善されるならそうすべきです。

労働基準監督署に相談してみる

残業や休日出勤が多すぎる、その割りに給料に反映されていないなど問題がある場合は、労働基準監督署に相談してみるのも方法です。

労働基準監督署は企業に是正勧告や行政処分を行うことが可能で、職場環境が改善される場合があります。

重要なポイントになるのが、企業だからといって労働基準法に詳しい人がいるとは限らないことです。また、本来監督すべき立場の人が監督することを放棄しているケースもあります。

そのためサービス残業が当たり前になったり、休日出勤でも手当がつかないなどの違法行為が横行しやすいのです。

労働基準監督署に指導されたからといって、誰から指摘があったかということはばれない仕組みになっています。匿名で相談が可能なため、おかしいと思ったら簡単に相談できます。

労働基準法などの法律に詳しくなくても様々なアドバイスをしてくれますよ。

労働基準監督署からの指摘で残業代が支払われたケースや、労働時間を改めるように勧告がでたケースもあります。それでも無視を続ければ企業生命に関わってくるため、組織的な隠蔽などをする企業は稀です。

隠蔽した場合は早めに退職をした方がプラスになる可能性もあります。

ただ、注意点もあります。それは、労働基準監督署には管轄があり、管轄の労働基準監督署に相談しないと二度手間、三度手間になるという点です。

そのため、相談内容を絞り込んでおくことや、実際の残業時間や休日出勤の日数を割り出しておくことも必要です。なんとなく多い気がするでは調査自体ができないため、ある程度具体化しておくことが大切なのです。

労働基準監督署に相談することで企業が潰れるのではないかと心配する人もいますが、労働基準法が順守できていない時点でいつ潰れてもおかしくないことに理解が必要です。労働基準法違反をしているということは、違法な活動をしているのと同じだからです。

仕事を地獄のように感じているのであれば一度相談してみるのがおすすめです。

転職するのは一番すっきりする?

職場の改善が見込めない場合は、転職を目指すのも方法です。一番の長所は後腐れがないことです。自己都合でやめることもできるため、すぐに転職活動に移った方が良い場合もあります。

但し、転職する場合に注意したいのは、様々な改善のための活動をしておかないと、また同じ企業やトラブルに当たる可能性が高くなるということです。賃金優先などではなく、経験から学んだことをベースに、より良い企業を目指すのが重要です。

自分のやりたい仕事を目指すのであれば、大企業よりも中小企業を目指すなど、割り切りも重要になります。企業規模が小さい方が様々な経験を積みやすく、融通が聞きやすいことがあるからです。

転職活動時点で希望を伝え、希望通りの配置になるか確認することも大切です。

待遇などに不安があるのであれば、一度転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。年齢や勤務年数やスキルから期待できる年収を教えてもらえます。単純に給料が低い場合はスキルなどが低いことが原因のことが多いので、一度、仮に転職し場合に昇給が見込めるかを確認してみましょう。

それと、知っておいてほしいのが失業保険です。

通常、自己都合で退職した場合は、失業保険を受け取るまでに3ヶ月ほどかかりますが、今の会社で残業や休日出勤の多さが一定水準を超えた場合は、失業保険がすぐに受け取れる場合もあります。

ここはハローワークの判断となるので、辞める前に一度ハローワークに相談するようにしてください。

転職する場合、在籍中に転職先を決めるのが理想ですが、辞めてからでないと気力がわかないというケースもあります。

転職活動にかかる時間は人それぞれですが、ある程度うまくいかなかった時のことを想定して長期化も覚悟する必要もあります。いい求人がない・・・というケースもありますからね。

なので、万一、辞めてから転職活動する際は、失業保険がもらえるかは必ず確認した上で辞めるようにしましょう。

まとめ

仕事は実際やってみないと分からないので、蓋をあけてみれば仕事が地獄のように感じてしまうこともあります。ただ、注意したいのは企業側に全ての責任を求めてしまうと、自分が成長しなくなってしまうことです。

自分で指示を聞きにいく、スケジュールを完璧に管理するなど、指示以外のことを求められるケースも多いのです。

指示の想定が一般的な人間の要求を飛び越えているケースもあります。経営の厳しさのしわ寄せが現場にいってしまう場合も存在し、努力しても改善が見込めない場合があるのです。努力が及ばないと感じた場合は転職を視野に入れましょう。

転職の際に努力した経緯があれば、次の職場でのトラブルを防ぐ役に立ちます。嫌というだけで辞めて同じ問題に繰り返しぶつかる人も珍しくないため、リスクを考えて行動することが大切ですよ。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)