仕事ではないかもしれませんが、ほとんどの人が人生の中で多かれ少なかれ挫折感を味わいます。全く挫折したことがない人は、余程実力があるのか、スーパーポジティブなのか、諦めて生きているのかもしれません。

仕事に失敗し挫折すると、自分が落ち込むだけでなく、上司や同僚に顔向けできず、消えてしまいたいとすら思うこともありますよね。

また、外から見れば何の失敗もしていないけれど、仕事が思いの他困難で、これ以上はできないと思うような挫折を味わうことがあります。

しかし、挫折した時こそ成長するチャンスと思いましょう。

そして仕事で挫折して、劣等感を味わったとしても、人生まで挫折した訳ではありません。あなたが挫折から立ち直り再出発できるよう、仕事で挫折してしまった時の対処法を5段階に分けて、ご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

誰かに挫折した出来事や気持ちを聞いてもらう

挫折に対して逃げてばかりいても解決にはなりません。いつかは、なぜ挫折したかを見つめ、どうしたら良いのかを考えなければならない。

けれど、いきなり自分の苦しい挫折体験に直面できるとは限りません。もちろん、すぐ挫折感と向き合えるならば、この過程は必要ないかもしれません。

しかし、例えばあなたが功を焦って、取引先でNGだったことをしてしまい、取引先を怒らせてしまい、実質的な損害まで出してしまったとします。

すぐに自分のこういうところがいけなかったと冷静に反省できればいいのですが、なかなかその事実に向き合えないで、ただ「辛い」「自分は駄目な人間だ」「成績が欲しかったことが見え見えで恥ずかしい」などと、自分を責めるだけで、失敗の原因にしっかりと直面できないこともよくあります。

これでは本当の意味で反省はできていないのです。なので、まずは冷静さを取り戻すために、自分の失敗を誰かに話すことも必要です。

これは、ただの愚痴でもいいのです。愚痴を言うのも聞くのも、心地いいことではないですが、いつまでも挫折して辛い気持ちを引きずっていては、前に進めません。

愚痴を言っても許してもらえるような相手に、こういう時は甘えてもいいのではないでしょうか?

愚痴は嫌い、という人は無理に誰かに話すことはありませんが、どうしても挫折感でいっぱいになり、心がざわついて仕方がない、整理がつかないというときは、一時的に落ち着くためのやむを得ない手段だと思います。

しかし、愚痴をいう時の注意点があります。

  • 本当に気心の知れている家族や友人に言う
  • 聞いてくれてありがとうという感謝の気持ちを伝える
  • 相手が嫌になるほど長時間はなるべく避ける
  • 相手が愚痴を言いたい時は聞き役も引き受ける

愚痴を聞いてくれてありがとう、という気持ちを忘れないようにしてください。友人だったら食事やお茶をごちそうしながら聞いてもらうのもいいかもしれませんね。

また関係によりますが、基本的には、しつこ過ぎる愚痴というのは聞く方が辛いですよね。

このように、誰かに気持ちを吐き出すことによって、少し気持ちの整理が付きますし、慰められたり勇気付けられたりして、あなたに心に余裕ができます。

挫折の対処法とは別になりますが、時には自分の弱い面をさらけ出すことで、愚痴を聞いてくれた人と、関係が深まることもあります。

挫折の原因と向き合う

こうして、少し冷静さを取り戻したら、どうして挫折したのかを考えましょう。先ほどの例のように、あなたが取引先の対ししてNGなことをして怒らせてしまい、損失を出してしまったとします。

あなたは上司に厳重注意を受け、ただ謝罪だけでは足りず、ことによると何らかの処分を受けることになるかもしれません。このように各方面に迷惑をかけてしまったミスに直面するのは、とても辛いことです。

できれば他人のせいにしたいし、不運と言い訳もしたいです。けれど、自分にとってのミスの原因を特定しましょう。

例えば、何度も取引先の情報を上司にその都度確認するように言われていたのに、同僚も守らない人が多いから慢心して守っていなかった。取引先を担当して長かったから、何でも分かっていると思った。

数日前に取引先について上司と話していたから問題ないだろうと、勝手に判断した。

このように、いつもは通用していたから問題にはならなかったけれど、上司との報告連絡相談が不足していたことが原因だったとします。そしてこのような結果を招いた心理面には、慢心で慎重さに欠け、功績欲しさにルール違反をしてしまったという焦りがあります。

すると、慢心と焦りが、あなたの挫折を招いたということになります。

いちいち取引先について上司に報告しているのは新人くらいだった、上司が取引先について教えてくれなかったとか、言い訳はいくらでもできますが、ここでは他の人の責任は除いて、自分がどうだったのかを見つめましょう。「自分の心の中の原因」を探るのです。

自分の見苦しい感情を目の当たりにするのは嫌なものですが、ここを疎かにすると、いつまでも同じ失敗を繰り返す可能性があります。

良い機会と考えるほど心の余裕はないかもしれませんが、この際あなたの心の大掃除をするような感じで、内面から見直してみましょう。これは、目に見える失敗による挫折だけでなく、自分の内面で挫折したときも同じです。

例えばあなたが、同僚よりも仕事のパフォーマンスが悪くて上司から指導されてもなかなか改善できず、完全に手詰まりで挫折を感じたとします。

その場合も、挫折感の原因である「仕事のパフォーマンスが悪い」ということを考えてみましょう。もう何度も考えたかもしれませんが、打つ手なしという、後がない追い詰められた状態で、考えることは今までより切実なはずです。

上司のアドバイスも生かせず、工夫しても効果がなく、人より仕事ができない原因は何だろう?色々な工夫や方法を試して駄目だった場合は、心理面に目を向けてみてください。

  • 同僚がどんどん出世していくのを羨ましがり、自分はいつまでも同じ場所で、半分腐りながらやっている
  • 上司のアドバイスを一生懸命実行しているけれど、どこかで自分は難しい、こんなことしても無駄と思っている
  • 好きで始めた仕事だけれど、自分には合っていないと諦め始めている

なんとなくいつも思っていたことではありますが、なんとなくではなく、はっきり文にして確認しましょう。

「同僚が羨ましい」「アドバイスは無駄」「仕事が合っていない」など、端的に表すと、このようにあなたは感じているということが分かりました。とすると、このように考えていることが挫折感の原因となっていると言えます。

この場合も、他人の要素は考えず、自分はどうなんだという観点で見ます。

上司が適切なアドバイスをしない、上司が嫌味をいうからよけいやりにくい、同僚は要領が良いということは、ここでは考慮しません。

挫折から自分を救い出しましょう

挫折から脱出する為のプロセスで次のことが大切になります。それは先ほど特定した、挫折を招いた心理面での問題を認めるということです。

心理面の問題を、責めたり善悪の判断をしたりしなくていいのです。ただ、「自分は慢心していたんだな」「功を焦っていたんだな」「羨ましかったんだな」「無駄だと諦めていたんだな」と、自分の嫌な気持ちを認めてあげてください。

子どもが転んで膝を擦りむいて泣いているのを、親が「痛かったね」と慰めている感じです。この時、子どもは恥ずかしいとかみっともないという気持ちよりも、痛いということを主張したいのです。

それに対して「あんたが注意しないからだよ!」「全くいつもそうなんだから!」と怒る親もいますが、ただ気持ちを認めて分かってくれると、子どもは落ち着きますよね。

このように自分の醜いと思うような気持ちも含めて自分を認めてあげましょう。そうすることで、不思議と落ち着きます。

愚痴を聞いてもらったことと似たようなことを、挫折から立ち直り、更に学びに変える為に、今度は自分でやるのです。

他の人に愚痴を言うだけで終わると、すっきりして落ち着くかもしれませんが、直面するのが甘くなりやすく、問題をはっきりさせるには至らないことがあります。まあまあいいじゃないか、上司も悪いよね!仕方ないよ!となりやすいです。

大らかな気持ちも大切ですが、もう一歩踏み込んで見ることも、あなたの状態を本当に楽にするために必要なのです。

そして落ち着いたら、次はどうしようと冷静に考えることができます。人のせいにしたり、自分を必要以上に責め続けても、次に進めないのです。そして立ち直る為に、仕事の挫折=人生の挫折と思わないことです。

仕事はあなたの人生の全てではありません。万一仕事を辞めたとしても、あなたの全てが崩れる訳ではありません。

もしかしたら、今までのような満足した生活は出来なくなるかもしれません。他人の評価が落ちるかもしれません。励ましてくれるはずの家族も、がっかりするかもしれません。あなたの自尊心も傷つくかもしれません。

けれど、あなたはどんな状態でもあなたです。仕事で活躍していても、挫折して左遷させられたとしても、その時はそういう状態でも、これからはどうなるか分かりません。

それなので挫折して落ち込むのは分かりますが、絶望しないでください。また一から始めればいい、と開き直ることも大切です。

挫折を学びに変える

冷静に挫折感の奥底の心理的原因を見つめることができたら、次は、どうしたらその挫折感を克服できるか考えましょう。

例えば、慢心と焦りでして挫折したとしたら、これからは謙虚になろうと思います。謙虚の第一歩として報告連絡相談を徹底しようと決心します。

周りがどう変わっても、上司とコミュニケーションを取る姿勢を大切にしようと、業務のことは細かいことまで報告を怠らないという自分だけのルールを作ることもできます。

こういう失敗をすれば、当然上司も、同じことを指導すると思いますが、それをそのまま実行するのではなく、あなたなりの消化をするのがポイントです。

また、羨ましさや、諦めが挫折感の原因となっていたら、羨ましいと思う代わりに、自分なりにもう一度工夫してやってみようと考えるかもしれません。

上司のアドバイスにただ従うだけでなく、もう一度仕事のやり方を、自分がやりやすい方法で思いきりやってみようと考えるかもしれません。そしてそれでも駄目なら、異動を願い出ようとか、転職を考えようと決めることができます。

表面的には同じ挫折したから転職するということでも、感情的に挫折感を抱えたまま転職することとは、内容には天地の差があります。

やり切ったということが次に進むには必要です。それには、上司に注意や警告されたことをただ受け入れるだけでなく、自分で考えてみることが大切です。

けれども、こうやって自分を見つめ直した結果思いついた方法が、必ずしもベストかどうかはまだ分かりません。

しかし、もし思いついた方法では足りないとか、しっくりこないなどの不具合があったら、方向性さえ決まっていれば、いくらでも後から修正できます。

ここまでくると、挫折感にさいなまれ、傷ついている暇もなくなります。あなたはこの挫折から学んだことを生かし、今までよりも、強く自立した社会人になる為に、日々活動しているのです。

転職を考えるのは最後の手段!安易に退職してはいけない!

挫折したからと言ってすぐ次の職場を考えるのはあまりお勧めできません。せっかくの成長のチャンスを逃してしまうかもしれないからです。

けれど、職場があなたに酷く不当な扱いをするのなら、転職を考えた方がいいかもしれません。

例えば、あなたに全ての失敗の責任を押し付けて責めたり、仕事に励んでいるにも関わらす、挫折感を味わうようなやり方で追い詰めたりするような会社には問題がある可能性があります。

そういう場合は仕事に真摯に取り組んだとしても、消耗するばかりです。それ以外で、挫折感と向き合い自分なりの努力をし尽くした上で、どうしてもこの会社や仕事には自分は合わないと思った時には、転職を考えた方が良いでしょう。

繰り返しになりますが「やり切った」という実感があれば、あなたの気持ちも定まります。

いくら真面目にやったとしても、自分なりの努力や創意工夫がないのでは、どこに行っても同じになる可能性が高いです。

指令や業務に対してほとんど疑問を持つこともなく、言われるがままに型どおりに行うのが癖になっているとしたら、挫折に弱いと言えるかもしれません。

これは何にでも疑いを持ち、攻撃的になったり斜に構える姿勢とは違います。素直さはいくつになっても大切ですが、素直に受け入れる姿勢と、何も考えていなくて疑問が浮かばないというのは違います。

常にどうしてだろう、もっと効率的にできないだろうか、もっと顧客満足度を上げられないだろうかと興味をもつ癖は、主体的な仕事の仕方となり、挫折を経験しても前向きに取り組める素地となります。

そういう人は、次の会社に行ってもまた同じ挫折感に悩まされることは少ないでしょう。

まとめ

挫折や挫折感の原因になった気持ちを特定して、そういう自分を認めるという過程は、いつもやっていそうで、きちんとできていないことも多いのではないでしょうか?

思考が行動となることは多くの人が知っています。いくら形式的なノウハウを実践しても、心の底で納得していない場合は、長続きしないし伝わらないことも多いでしょう。

とはいえ、考えるばかりで行動が伴わなければせっかく考えたり思いついたことを実らせられません。

反省を終えたら、恐れないで行動してみてください。また失敗し挫折することもあるかもしれませんが、そうしたらまた自分を練ってより強く賢くしていくチャンスと考えましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)